現在の場所 -> リスト

保護司殺害 容疑者 建設会社で働くも退職“正当な評価されず”

時間: 10/06/2024   ソース: 匿名   数字をクリック: 1776

先月、大津市仰木の里東の住宅で、飲食店経営者で保護司の新庄博志さん(60)が殺害され、警察は近くに住む無職、飯塚紘平容疑者(35)を殺人の疑いで逮捕し、10日、大津地方検察庁に送りました。

新庄さんは、2019年7月に飯塚容疑者が強盗事件で保護観察の付いた有罪判決が確定してから、担当の保護司として立ち直りの支援にあたっていました。

就労支援を行っている更生保護団体によりますと、おととし3月ごろ、新庄さんから容疑者の就職先の相談を受け、滋賀県内の建設会社を紹介したということです。

すぐに採用され、新庄さんから順調に働いているという報告を受けていましたが、容疑者は「正当な評価をしてもらえない」などとして2か月ほどで退職したということです。

この時のことについて団体の担当者は「容疑者は礼儀正しく、ことばづかいも丁寧だったので短期間で辞めたと聞いて驚いた。新庄さんも残念がっていたと思う」と話していました。

一方、大津保護観察所によりますと、容疑者の保護観察は来月9日までの予定で、これまでに新庄さんから容疑者について問題があったとする報告はなかったということで、警察は事件のいきさつを調べています。

警察の調べに対し容疑者は「私はやっていません」などと容疑を否認しているということです。