現在の場所 -> リスト

山東任城:運河夜間スクール 若者の潮流ナイトライフ

時間: 09/04/2024   ソース: 匿名   数字をクリック: 1556

近頃、山東済寧の若者は共同で「ナイトライフ」のもう一つの開き方――夜間スクールに通うことを開いた。「昼間出勤、夜間学芸」のシーンは、一部の若者の日常になりつつある。

27歳の馬玉蘭さんはこのような授業を体験し始めたばかりで、芸術に憧れていた彼女は、わざわざ古琴コースを申し込んだ。「あまり深く考えてはいないが、価格が安くて面白いと思っただけ。せめて退勤後に暇つぶしのところがあり、いつも家にこもって携帯電話をいじっていなくてもいい」、と彼女は言った。勉強の過程は、彼女に穏やかな気持ちで仕事や生活に向き合うことを学んだだけでなく、中国の伝統文化の魅力も感じさせた。

「古琴は瑶琴、玉琴、糸桐、七弦琴とも呼ばれ、中国で弦をかき鳴らして演奏する伝統的な弦楽器で、3000年以上の歴史があり、2003年に世界無形文化遺産に選ばれた。」運河夜間スクールの古琴教師梁桂華さんによると、中国の古代楽器の中で、古琴は疑う余地なく神秘的な色彩が最も濃厚な一種で、音域が広く、音色が低くて重々しく、余韻が遠く久しい。

「運河夜間スクール」の教師は選考を経ており、業界内の専門家や無形文化遺産の伝承者、各分野のベテラン教師もいて、青年学生を安心して学び、楽しく学び、気楽に遊ばせる。

梁桂華さんは、済寧市儒学と始祖文化研究開発指導センター――国学・仲尼琴苑の主任で、「儒学文化と古琴文化を結びつけ、より多くの人に古琴を理解してもらいたい」。この初心のために、既に定年退職した梁桂華さんは再び教壇に上がり、若者に授業している。今、梁桂華さんの学生の中には、昼間に出勤する若者だけでなく、幼稚園に通っている子供や75歳の古希な老人もいる。

「運河夜間スクールが開設して以来、私たちはずっとカリキュラムを充実させ、バージョンアップを行っており、最初の心理学、油絵と『コミュ力のある魔術』の3つのカリキュラムから、既に現在の35カリキュラムに増設された。文化趣味を指向とする書道、生花、漢方医経絡養生、古琴、演劇演芸、八段錦などのカリキュラムのほか、若者の実際需要に向けたTikitokアナウンサー、面接テクニックなどのカリキュラムもある。」「運河夜間スクール」の黄勇森校長によると、2023年10月に「運河夜間スクール」が授業を始まり、今まで既に2つのキャンパスが開設され、4月末には他の4つのキャンパスも次々と授業を始まる予定で、Wechatのミニプログラムを通じてカリキュラム発表、カリキュラム申し込み、カリキュラム評価、カリキュラム需要などを実現することができる。

若者が8時間以外の社交新生活をより良く抱きしめることに焦点を当て、「運河夜間スクール」はトークショー、映画、フリスビーなど20の若者趣味コミュニティと結び付け、技能類、趣味類、公益類、共有類、開拓類など多様的な「Young+」コミュニティ社交テーマイベントを模索した。

「若者の『搭子(○○友)』文化の新型社交関係に順応するために、調査研究で発見された『社交カートン』『コミュ障』などと結び付け、私たちは古琴、香篆、魯班木芸などのカリキュラムに立脚し、青年文化応接ホールを作り、伝統的な手作り、無形文化遺産青年連盟を結成し、『無形文化遺産+ファッション』で美しい経済を生み出し、『伝統+デザイン』で文化クリエイティブファッションブランドにエンパワーメントすることを模索している。」中国共産主義青年団任城区委員会の李聞聞副書記によると、任城区は青年発展友好型城区建設の成果を絶えず固め、青年に連絡してサービスする新たなキャリアを作り、若者が任城での生活をより面白く、より活力に富み、より温かいものにさせる。