現在の場所 -> リスト

山東省済寧市任城区:多彩なイベントで大衆に「華やかな」年越しをさせる

時間: 05/02/2024   ソース: 匿名   数字をクリック: 1110

「私の家族3人の干支は龍です。先生は私たちに「龘」を書いてくれませんか。ドアに貼っておけばきっと祝福されるでしょう!」「年越しの雰囲気を出すためには、春聯は手書きでなければなりません」など、朝早く、山東省済寧市任城区金城街道常青社区の「新春送福」イベントは多くの人でにぎわっており、著名な書道家が筆を振ろう、書かれた春聯が整然と地面に置かれ、あっという間に売り切れました。

こちらの春聯はとても人気で、そばの餃子作り大会もにぎやかに始まりました。大会は高齢者組と学生組に分かれ、それぞれ時間、数量、見栄えを競い、1位、2位、3位を決定します。いくつかの大きなテーブルに包まれた餃子が置かれ、二つの大きな鍋がグツグツと音を立て、しばらくすると熱々の餃子が出てきました。「おいしいですよ。餃子を食べるには、活気のある雰囲気が必要ですね」と住民の李おじさんが言った。おじさんは一口、また一口食べて、あっという間に餃子を食べ終えました。

新年が近づくと、市場に行き年越し用品を買うのが毎年の習慣になっています。任城区南苑街道南池社区の街にはたくさんの露店が並び、多くの人で賑わっており、人々は家の前で街をぶらつき、年越し用品を購入し、濃厚な年越しの雰囲気を感じることができます。市民の徐金秀さんは「高品質で低価格、新鮮で種類も豊富です。大衆が必要とするものはすべて揃っていますよ」と語った。

花火のほかにも、絹で作った造花や切り紙細工、新粉細工などの非物資文化遺産展示エリアもあり、非物資文化遺産の魅力を存分に感じることができます。「もうすぐ辰年なので、中華民族の優れた文化の伝承をよりよく体験し、そこに良い祝福を取り入れることができるように、龍の形をした「福」という字を作りました」と非物資文化遺産切り紙細工の継承者である張躍広さんが紹介しました。

新年早々、多くの人でにぎわう任城花卉市場は最盛期を迎え、今では「華やか」な年越しをするのが新年の風習となっています。万花苑花卉市場では、商人たちが商品の荷降ろし、並べ、陳列に追われています。祝日期間中の市民の多様なニーズに応えるため、毎年師走に入ると、多くの市民が花や緑の植物を購入し始め、商人は旧暦の11月下旬から品揃えを始めます。今年の春節前後に販売される花卉は伝統的な胡蝶蘭、シクラメン、水仙などに加え、宝蓮灯、喜砲鳳梨などの新しい品種も加わり、顧客のさまざまなニーズに応えできるよう、例年より種類を豊富に取り揃えております。

「店主の紹介を聞いて、幸福樹と鴻運当頭という二つの花を購入しました。主に幸運をもたらし、新年が意のままに良い兆しを得て、新年の幸運を願います。」買い物を終えたばかりの市民、張燕紅さんはこう言いました。喜びで満たされました。

年越し用品を買うことが春節を祝うことを意味するなら、大晦日の夕食を食べることは再会の味をもたらすでしょう。春節が近づくにつれ、任城区の各レストランでは大晦日のディナーの予約がピークを迎えており、八芳斎、芳襲人など済寧の特色を持つ魯菜料理店は、地元の人にとって大晦日のディナーには最適です。

「香る魚、巻き肩、済寧の名物料理である葡萄鶏丁は八芳斎で最も人気料理です。春節を数日後に控えた今、大晦日のディナーはすでに予約でいっぱいです。」八芳斎レストランの担当者、翟恩思さんはこう言いました。

さらに、任城区は「村のパーティーは私が舞台に上がり、喜びを表現する」という一連の村の春節パーティーとコミュニティの春節パーティーを継続して開催する予定であり、現在、全区の15の町の83の行政村とコミュニティがイベントの時間と内容を決定しています。一連のイベントは2024年2月16日(旧暦正月7日)まで続き、新年の雰囲気が濃厚になる。