現在の場所 -> リスト

山東省済寧市任城区:村に見所、産業にやり所

時間: 04/03/2024   ソース: 匿名   数字をクリック: 1757

この前、山東省済寧市任城区二十里舗街道趙廟村の冬の小麦栽培基地に入ったら、一見一面の薄緑の冬の小麦がすくすく成長している喜ばしい景色だった。これは任城区が地元の状況に応じて適宜に土地を利用し、石炭を採掘した後の土地が凹むことを科学的な手段で管理し、ハイレベルの畑を作り、現代化の農業を発展させることによって齎した新しい変化である。

「この1300ムあまりもあるハイレベルの畑は、元々石炭採掘した後に凹んだ土地で、管理して回復された後、今は既に冬の小麦を栽培した。」二十里舗街道重点工事弁公室の主任である郝献がこういった。元に熟成させた土地を剥離させ、他の所から運んできた土を埋め直し、改めて関連施設や工事を備える方式で、農耕に使われる土地に戻させた。「畑が四角に、道路がスムースに、溝が整え、乾いた時に灌漑でき、浸水された時に排出できる」ということを実現した。

石炭採掘された後に凹んだ土地は整えられた後に、四角形のブロックになり、機械化の耕作に便利である。こういう土地をまた農家に配分したら、一家一軒に栽培するのは規模的な利益がもらえない。趙廟村は村民と協議して合意を得た後、土地を山東農業大学に統一管理してもらうようにした、お陰で、農家としては一ムー当たりに年間1600元の賃金を貰えるだけではなく、農事が忙しい時もバイトして一部の収入を貰える。

任城区には合わせて石炭の立て坑を9個ある。地元は整える規格を編成し、専用基金も設けて、全力で石炭採掘された凹んだ土地の管理を進めた。今まで、全域ではすでに石炭採掘で生じた項目を75個を進めた。石炭採掘された後に凹んだ土地を整え、安定させる分は7.1万ムーになり、ハイレベル畑を5.2万ムーを回復させた。凹んだ土地が耕地になり、耕地の数量を増やしただけではなく、耕地の質量と土地の利用率も高め、経済と生態の両方の収益を貰った。

任城区喩町は典型的な湖の水辺村で、川が横縦に交差しており、水のネットワークが密に分布され、「水」を巡って事業をできるように、任城区は躾の高い農民を育てることを取り手にし、農村産業の発展を引っ張って、農村振興の「春水」をアクティブ化した。喩町張官村の党支部書記である張勇が躾の高い農民を育つ塾に何回も参加し、その中で、水産養殖業を発展させる考え方を明確にした。その理由はここでは地理的な優位性を持ち、市場見込みも良いからである。

城区漁業センターのサポートで、張勇は思いついたらすぐに実行に移った。村の「党支部委員会と居民委員会」と一緒に、村民達と一緒にタウナギを養殖するという特色な産業を呼び掛けた。そして、産業を振興し、経済に活力を与え、百姓が設ける農村振興の道を歩み出した。今、張官村にはすでにタウナギを養殖する現場3000平方メートルを建設し、複層式高密度の養殖箱を500個を使用投入し、予測年間生産量は15トンに達しでき、生産価値は200万元を超える見込みである。

2023年以来、任城区は農業や農村を優先的発展させ、持続的に都市型の現代化農業システムを構築し、農村の全面的な振興を大いに力を入れて推進させる。循環農業、プリメード料理、農産品流通という三つの産業集群を持続的に拡大させ、中盛スマートサプライチェーンというプロジェクトは既に6000万元の投資を完成させた。ローンで進めるプロジェクト六つを策定し、4.43億元の投資を完成させた。「信用+居住環境整備」という新しいモデルを全面的に展開させ、新たに26個の山東省済寧市クラスの美しい農村見本村を作った。道路のネットワークを23.25キロを改善し、通行安全保障工事を63.82キロ、路面状況改善工事14.91キロを完成させた任城区ゴミ分類自然村のカーバー率は100%に達し、農村衛生トイレの普及率は90%以上に達し、生活汚染水を処理する自然村のカーバ率は100%以上に達し、農村は日々に居住に適宜、就職に適合する幸せなところになっていく。